【対象作品】投票券請求・ポイント交換はこちら【2022年7月から】

  1. 取扱用紙一覧
  2. 淡クリームキンマリ_62K

淡クリームキンマリ_62K

クリーム色の上質紙です。目にやさしい色合いですので、長時間紙面を見つづける小説など、文字ものの作品におすすめです。
非常に薄いため、本文200ページ以上を推奨しております。
それに満たない場合は波打ちがしやすい旨をご了承の上、ご利用ください。
LINEで送る

アイテム詳細

名称:淡クリームキンマリ

色名:なし

連量:62

厚さ:0.088mm

オンデマンド印刷取扱状況

取扱商品: ノベルズ本文
単価: ¥0.52
取扱状況: 取扱中

※限定数を終了しているものは、「再入荷リクエスト」ができます。 ※セット商品で表示される用紙代金は、印刷予備枚数なども考慮されるため単純に数量と比例しません。

オフセット印刷取扱状況

取扱なし

カラーバリエーション

 

※当社でお取り扱いがあるもののみ表記されています。表記以外のカラーが存在しない訳ではございませんのでご注意ください。

連量(厚さ)バリエーション

90 70 67.5
55 62 

※当社でお取り扱いがあるもののみ表記されています。表記以外の連量が存在しない訳ではございませんのでご注意ください。

薄すぎなかった

普通の文庫本っぽく、となるべく薄い紙を選んだつもりでしたが、それでも手元の市販の文庫本にくらべると厚みがありました。裏写りも市販のものよりも少ないくらいで気にならないと思います。おすすめです

0人の方がこれが役に立ったと考えています。このレビューは参考になりましたか? はい

文庫本におすすめ

文庫サイズの本の本文に使用しました。ページ数は約200Pくらいで推奨されているページ数の最低限でしたが、波打ちもなく、きれいに仕上げていただきました。裏写りが気になることもありませんでした。小口染めもお願いしましたが、薄くて軽くて捲りやすかったです。

0人の方がこれが役に立ったと考えています。このレビューは参考になりましたか? はい

厚い小説本に

300ページの小説本に使用しました。
表紙や遊び紙を合わせて約14mm〜15mmになります。
手の負担になりづらい厚さと重さでほっとしました。これからも使い続けたい紙です。

0人の方がこれが役に立ったと考えています。このレビューは参考になりましたか? はい

薄くて良い

850ページの文庫再録本に使用しました。普段使用している用紙より薄いですが、裏写りはほとんど気にならず、分厚い本を作るのに最適だと思いました。

0人の方がこれが役に立ったと考えています。このレビューは参考になりましたか? はい

62K

めくりやすくほどよい厚みで良い用紙です

0人の方がこれが役に立ったと考えています。このレビューは参考になりましたか? はい

思っていたよりしっかりめ

大手出版の文庫に慣れていて、それに近い感覚で読みたかったので選びましたが、思っていたよりしっかり固めな印象です。
文庫サイズの292頁で波打などもありませんでした。

0人の方がこれが役に立ったと考えています。このレビューは参考になりましたか? はい

ページ数が多い小説ならこれ

薄いので裏写りしないかと心配だったのですが、まったく問題ありませんでした。ページ数が多い小説なら絶対この薄さにした方が良いと個人的には思っています。文庫サイズで使用しましたが、本屋で買う小説に少し近づけたようで嬉しかったです。

0人の方がこれが役に立ったと考えています。このレビューは参考になりましたか? はい

400ページ本で使用

分厚い文庫本に使用しましたが、薄く軽く最適でした。

0人の方がこれが役に立ったと考えています。このレビューは参考になりましたか? はい

分厚い本の本文にぴったり

300ページ超えなので使用しました。捲りやすく、満足です。

0人の方がこれが役に立ったと考えています。このレビューは参考になりましたか? はい

文庫本の小説に使用しました

淡いクリーム色で目に優しくていいと思います。

0人の方がこれが役に立ったと考えています。このレビューは参考になりましたか? はい

分厚い小説に最適

文庫サイズの小説本文に使用しました。
薄い紙なのでページ数が多くなっても本の厚みを抑えることができました。

0人の方がこれが役に立ったと考えています。このレビューは参考になりましたか? はい

薄くて読みやすい

小説を読むのにストレスない厚みでよかったです!

0人の方がこれが役に立ったと考えています。このレビューは参考になりましたか? はい

とにかく薄い

薄くて捲りやすい紙。
背幅が厚くなりそうなのを防げました。

0人の方がこれが役に立ったと考えています。このレビューは参考になりましたか? はい

背幅を抑えられました

260ページの小説なので62Kを選択しました。裏移りするといったこともなく、読みやすいです。背幅が抑えることができて満足ですが、もっと薄い紙もあると良いと思いました。

0人の方がこれが役に立ったと考えています。このレビューは参考になりましたか? はい

厚い本を作りたい方にもおすすめ

400P超えの小説を作る際に使わせてもらいました。200Pを超える本を作るような方には特におすすめです。

0人の方がこれが役に立ったと考えています。このレビューは参考になりましたか? はい

文庫サイズで使いました

A6サイズの小説本にちょうどいい薄さの本文用紙でした。お気に入りでいつも使っています。

0人の方がこれが役に立ったと考えています。このレビューは参考になりましたか? はい

幅広いページ数の小説本に使える紙

厚い本でも薄い本でも読みやすい作品が作れるので重宝しています。

0人の方がこれが役に立ったと考えています。このレビューは参考になりましたか? はい

小説本の定番!

表紙の背幅もスマートになりますし、ページのめくりやすさ的にも一番好きな本文用紙です。

0人の方がこれが役に立ったと考えています。このレビューは参考になりましたか? はい

小説感が出て◎

商業小説に近づけられる薄さなので気に入っています。

0人の方がこれが役に立ったと考えています。このレビューは参考になりましたか? はい

小説向き!

分厚めの小説にしたのですが読みやすかったです!

0人の方がこれが役に立ったと考えています。このレビューは参考になりましたか? はい

ちょうどいい!

文庫本として読むのにちょうどいい厚さでした!

0人の方がこれが役に立ったと考えています。このレビューは参考になりましたか? はい

薄くて読みやすい!

文庫本にピッタリでした!

0人の方がこれが役に立ったと考えています。このレビューは参考になりましたか? はい

読みやすい!

62Kだとちょうどいい分厚さでページがめくりやすかったです!

0人の方がこれが役に立ったと考えています。このレビューは参考になりましたか? はい

厚い本には絶対コレ

薄くて捲りやすく、しかしながら透けは特段気になりませんでした。
薄っすらと透けてはいるのですが文字を読む邪魔には全くならない程度です。ある程度厚みのある本ならこれが一番だと思います。

0人の方がこれが役に立ったと考えています。このレビューは参考になりましたか? はい

めくりやすかったです

文庫サイズ230ページ強で利用し、背幅11mm程度でした。200ページ以上なら、この用紙がいいと思います(逆に言うと200以下なら72でいいかと思います)

0人の方がこれが役に立ったと考えています。このレビューは参考になりましたか? はい

Melty Sweet Love

今回は厚みのある本だったので、本文用紙は薄めに…と使える紙の中でも一番薄めな用紙を選択。
淡クリームキンマリはこれまで72.5kgしか使ったことが無く、違いはどのような感じかな?と気になっていたのですが、集めの文庫にピッタリの紙だと思いました。

0人の方がこれが役に立ったと考えています。このレビューは参考になりましたか? はい

分厚い本にはやはりこの薄さ

分厚い再録本をよく発行するのですが、やはりこのくらい薄い紙が使えると大変助かります!今後もお世話になると思います。

0人の方がこれが役に立ったと考えています。このレビューは参考になりましたか? はい

200ページ越えの小説に重宝しています。

ページ数が多くなりがちなので、こちらの62kが使用できるようになってからは毎回使用させていただいています。
今回は本文250ページでしたが、背幅を12mm弱まで抑えることができました。
柔らかくてとても捲りやすいので、これからもどんどん使用させていただきたいです。

0人の方がこれが役に立ったと考えています。このレビューは参考になりましたか? はい

薄く、軽く、持ち運びやすい本

100ページ弱の文庫本に使用しました。とにかく薄く、軽く、持ち運びやすい本を作りたかったので狙い通りです。表紙は200Kの紙にマットPPをかけた丈夫なものにしたのもバランスが良かったと思います。マット感優先の印刷も、とてもきれいにできています。

0人の方がこれが役に立ったと考えています。このレビューは参考になりましたか? はい

厚めの文庫本にはこれ

200ページ強の文庫本に使用しました。めくりやすく本の厚みも抑えられ、選んで正解でした。
淡クリームキンマリ_70Kと比べるとやや裏が透けますが、よほど神経質でなければ問題ない程度だと思います。
かなり個人的な感覚ですが、文庫本200ページ以上は62、未満は70にするとしっくりくる印象です。

0人の方がこれが役に立ったと考えています。このレビューは参考になりましたか? はい

市販の文庫本らしさ

250ページ程度の文庫本に使用しました。文字は透けますが気にならない程度で、薄くてめくりやすく、市販の文庫本を思わせる仕上がりになり満足しています。

0人の方がこれが役に立ったと考えています。このレビューは参考になりましたか? はい

分厚い本におすすめ

ページ数の多い文庫本に使用しました。捲り心地もよく助かります。

0人の方がこれが役に立ったと考えています。このレビューは参考になりましたか? はい

厚めの本に最適

薄いため、厚めの本に最適だと思います。

0人の方がこれが役に立ったと考えています。このレビューは参考になりましたか? はい

分厚い小説本におすすめ!

500ページの新書サイズの印刷で、少しでも背幅を狭く、重さを軽くしたかったのでこの用紙にしました。
薄いとめくりにくくなるのではと不安に思っていましたが、思いの外、手に持って指を離してめくる、という動作が問題なく自然に行えました。商業の本のようにめくりやすかったです。
クリーム色が目に優しく、分厚い小説本では間違いなくおすすめの紙です。

0人の方がこれが役に立ったと考えています。このレビューは参考になりましたか? はい

市販の本のようにできて感動

少しクリーム色がかっているので、とても読みやすいです。目に優しいので、本にしてよかったと思えました。

0人の方がこれが役に立ったと考えています。このレビューは参考になりましたか? はい

安定の読みやすさ

捲りやすさと文字の黒が浮いて見えないところがとても好きで、とても読みやすいです。

0人の方がこれが役に立ったと考えています。このレビューは参考になりましたか? はい

ページ数が多い本文用紙にはこれが一番合う

本文背幅19mm(434P)の本に使用しました。同じ「淡クリームキンマリ」の70Kに比べ5mmほど薄くなります。僅かながら大きな差ですし、めくる時の感触も薄い分だけ硬さが小さく感じます。

0人の方がこれが役に立ったと考えています。このレビューは参考になりましたか? はい

安心安定

文庫で小説同人誌を作る時は大体コレにしています。裏うつりなく、めくりやすく、読みやすい紙です。ページ数が多くなる場合は特にオススメです。

0人の方がこれが役に立ったと考えています。このレビューは参考になりましたか? はい

文庫本!という雰囲気が出ます

500ページほどの文庫本に使用しました。市販の文庫本とほぼ変わらない感覚です。
薄いですが裏うつりもせず、読みやすいです。
真っ白ではない淡い色なのもあって読みやすい用紙だと思います。

0人の方がこれが役に立ったと考えています。このレビューは参考になりましたか? はい

待ってました!

分厚い長編小説本を発行することが多いので、62kが常時選べるようになるのを心待ちにしていました。B6二段組で600P近い長編本の組版やノド等を確認するために、一冊だけ刷ってみましたが、これまでの70kよりめくりやすく厚みも抑えられてとてもいいです。ノドは念のため27mm取ったのですが、23mm〜25mmくらいでも大丈夫そう。

0人の方がこれが役に立ったと考えています。このレビューは参考になりましたか? はい

薄くて最高

薄いのに文字の透けても目立たず愛用しています。これからもよろしくお願いします!

0人の方がこれが役に立ったと考えています。このレビューは参考になりましたか? はい

文庫本で使用

886ページの文庫本に使用しました。
書店に並んでいる文庫本と同じような感覚で、とても満足です。裏うつりも特に気になりませんでしたし、なにより捲りやすさがとても好き!

0人の方がこれが役に立ったと考えています。このレビューは参考になりましたか? はい

薄くて単価も安い

250ページくらいの文庫で、62Kだと1センチそこそこの厚みで抑えられたので助かりました

0人の方がこれが役に立ったと考えています。このレビューは参考になりましたか? はい

目に優しく、薄くてめくりやすい

約440ページの新書に使用しました。厚みは2.1cmほどで、割と重量のある仕上がりでした。裏写りに関しては商業本に慣れていれば気にならないと思います。
色味が目に優しく読みやすさとめくりやすさには文句なしです。

0人の方がこれが役に立ったと考えています。このレビューは参考になりましたか? はい

分厚い本に最適

いつもお世話になっています。分厚い再録本に最適の軽くて薄い紙です。

0人の方がこれが役に立ったと考えています。このレビューは参考になりましたか? はい

とてもめくりやすいです。

今まで70Kを使用していましたが、今回初めて62Kで製本していただきました。
とてもめくりやすく、裏面への色移りも気にならず、波打ちなどもありませんでした。
今後も200ページ越えの本を作る際にはこちらを使わせていただきたいと思います。

0人の方がこれが役に立ったと考えています。このレビューは参考になりましたか? はい

文庫本っぽい!

本屋さんで売っているような本にしたくて選びました!
薄くて捲りやすいのに、透け感は少ないです。
ページ数が多い本を作るのに向いていると思います!
今後はこれを使用していきます!

0人の方がこれが役に立ったと考えています。このレビューは参考になりましたか? はい

分厚い本用の紙

400ページを超える本文に使用しました。薄くて読みやすく捲りやすい。鈍器な本を作る時は絶対に必要な紙です。

0人の方がこれが役に立ったと考えています。このレビューは参考になりましたか? はい

薄い!

世間の文庫本のように薄く、さらっとめくれます。透けも気になりません。本の厚さもだいぶ抑えられます。250Pで使用しましたが、読むときページがくっついてきて2ページ捲れることはあったので、捲りやすすぎるのは少し難しいところです。70K90Kのほうが同人誌感、ページの捲りやすさはあるかもしれません。

0人の方がこれが役に立ったと考えています。このレビューは参考になりましたか? はい

めくりやすく触り心地がいい

250ページの文庫本に使用しました。
薄くさらさらとして触り心地が良く、淡クリームキンマリ_70Kと比べて紙の硬さがけっこう違うため、本のページ数が多ければ多いほどこの硬さがめくりやすさに影響するのだと思います。

0人の方がこれが役に立ったと考えています。このレビューは参考になりましたか? はい

分厚い本にはお勧め

めくりやすく薄い紙なので、一番商業誌に近い気がします。分厚くなる小説本などにはこれがお勧めです。

0人の方がこれが役に立ったと考えています。このレビューは参考になりましたか? はい

分厚い本にぴったり

分厚い本にぴったりの薄くて軽い紙です。

0人の方がこれが役に立ったと考えています。このレビューは参考になりましたか? はい

リピートしたくなる本文用紙

200ページの文庫本の本文用紙に使用しました。薄くてめくりやすく、快適に読めます。70Kを使った場合の180ページの本とほぼ同じくらいの背幅になったため、本棚にもおさめやすく助かっています。

0人の方がこれが役に立ったと考えています。このレビューは参考になりましたか? はい

文庫本文に使用

なるべく商業の文庫イメージに近づけたくてこちらの紙を選択しました。
薄いですがツルツルしていて触り心地が良いです。ノド側も良く見えます。
裏抜けも商業本を読み慣れている人なら違和感を感じないと思います。

0人の方がこれが役に立ったと考えています。このレビューは参考になりましたか? はい

いつもの軽い紙

分厚い本を作るのに薄くて軽くて助かっています。

0人の方がこれが役に立ったと考えています。このレビューは参考になりましたか? はい

めくりやすくて柔らかい

厚めの本になるので薄い紙を取り扱っている印刷所を探していました。表紙とのおすすめの組み合わせも紹介してくださっていたのでとても助かりました。
せっかくなのでもう少しわかりやすい箇所でおすすめを書いておいてくださるとうれしいかもしれないです。

0人の方がこれが役に立ったと考えています。このレビューは参考になりましたか? はい

とてもめくりやすい紙です

300ページちょっとの文庫で背幅1.5センチでした。
めくりやすく、薄くても読みにくさなどはなくとても使いやすい紙だと思います。

0人の方がこれが役に立ったと考えています。このレビューは参考になりましたか? はい

読みやすい!

100pの小説本に使用しました。ほぼ同じページ数の淡クリームキンマリ_90Kの本と比べて目に見えて薄い本になり、ここまで違うのか! とびっくり。
薄い分、とてもめくり心地が良かったので、今度はもっと厚い本で使ってみたいです。

0人の方がこれが役に立ったと考えています。このレビューは参考になりましたか? はい

ページ数が多ければこれ

300ページ数ほどの文庫本に使用しましたが、捲りやすくていいと思います。柔らかくて目に優しい色です。読みやすい。
もう少し薄い紙が欲しいと個人的には思うものの、こちらの印刷所でページ数が多ければこの紙一択かと思います。

0人の方がこれが役に立ったと考えています。このレビューは参考になりましたか? はい

読みやすい。

よく使う90kよりも薄くてめくりやすいので、ページ数が多いときにはおすすめです。

0人の方がこれが役に立ったと考えています。このレビューは参考になりましたか? はい

背幅のダイエットに

背幅が2cm以上ある既刊の再販に使いました。思ったより薄くはなりませんでしたが、背幅はネコポスの幅に直結するので、少しでも削ったほうがいいと思います。自家通販の方は特に。

0人の方がこれが役に立ったと考えています。このレビューは参考になりましたか? はい

300ページの文庫本に使用

70kより薄いので背幅をコンパクトに抑えられます。次ページの字はうっすら透けますが視認性は悪くなく、個人的には70kより商業誌に近い印象です。厚い本を作るときはまた使用したいです。

0人の方がこれが役に立ったと考えています。このレビューは参考になりましたか? はい

本は薄くなってしまいますが市販の小説っぽくて良き

厚い本を作りたい方には向きませんが、本当に市販の本と変わりない仕上がりになり、とても読みやすい文庫本が出来上がりますのでオススメです!
その分たくさん書けば良いのですよ。みんなで作ろう厚いウ=ス異本。

0人の方がこれが役に立ったと考えています。このレビューは参考になりましたか? はい

厚め小説本にぴったり!

390ページの新書本で使用しました。出来るだけ軽くしたかったため、迷わず本紙を選びました。
結果、大満足です〜。厚めな本を作る際は、次回もリピします!

0人の方がこれが役に立ったと考えています。このレビューは参考になりましたか? はい

厚めの小説本の本文用紙にオススメ

200ページほどの小説本に使わせて頂きました。めくりやすく、読みやすく、安心安定の用紙です。また、薄いのでページ数が大量で自立するタイプの厚い同人誌を作ってしまう方にはオススメだと思います(表紙用紙にもよるとは思いますが、約200ページで背幅一センチほどでおさまったので。)

0人の方がこれが役に立ったと考えています。このレビューは参考になりましたか? はい

すごく薄いです

小説のページ数が増えたので本文用紙に使用できる最も薄いものを選択。さすがすごく薄いです。個人的には気にならないのですが裏の文字がうっすら見えますので、行の位置が裏と表で同じ場所にくるように調整するなど工夫するとより良く使えるなと思いました。

0人の方がこれが役に立ったと考えています。このレビューは参考になりましたか? はい

200〜300pの本におすすめ

文庫でも新書でも使いました。280p以上、300p程度の本に2度使いましたが、どちらも市販の本のような手触りですし、まず厚さが減るのでとっても助かります…!

0人の方がこれが役に立ったと考えています。このレビューは参考になりましたか? はい

分厚い文庫本にぴったり

450pの本になったため、初めて62Kで発注しました。背幅も20mm程度で済み、めくりやすく、ページ数があっても読みたいと思ってもらえるような本になったと思います。助かりました。

0人の方がこれが役に立ったと考えています。このレビューは参考になりましたか? はい

分厚い本の味方

薄くて軽くていつも助かります。文庫本には欠かせません。

0人の方がこれが役に立ったと考えています。このレビューは参考になりましたか? はい

いつものお気に入り

分厚い文庫本を作るのにいつもお世話になっております。薄くて助かります。

0人の方がこれが役に立ったと考えています。このレビューは参考になりましたか? はい

柔らかくて読みやすい

B6で300p近い本に使いました。とても柔らかく、商業誌に近いめくりやすさでとても良かったです。
手に取ってくれた方からも「持ちやすくて読みやすい」と言っていただけました。
今後も小説の時はずっとこれを使いたいくらい大満足です。

0人の方がこれが役に立ったと考えています。このレビューは参考になりましたか? はい

100Pの本に使いました

思ったよりも薄いなという印象でした。裏写りもなく読みやすく仕上がったと思います。

0人の方がこれが役に立ったと考えています。このレビューは参考になりましたか? はい

B6本220Pで使いました

とてもめくりやすかったです。以前70Kで出した時よりも商業本に近く作れていいと思いました。

0人の方がこれが役に立ったと考えています。このレビューは参考になりましたか? はい

分厚い本に

約400頁ほどの本に使用しました。以前は期間限定でしたが、常設になりとても嬉しく思います。
薄く捲りやすく、裏写りもそれほど気になりません。

0人の方がこれが役に立ったと考えています。このレビューは参考になりましたか? はい

厚さも抑えられてめくりやすい

550ページ超えの文庫本に使用しました。
分厚さを抑えられるのが大きなメリットだなと思います。さらに紙が柔らかいのでめくりやすく、本も開きやすかったです。
気になっていた裏移りもなく、文字の視認性も良かったです。
再録本などの厚みのある本にぴったりだと思います。

0人の方がこれが役に立ったと考えています。このレビューは参考になりましたか? はい

今回もお世話になりました。

標準で選べるようになってからずっとこれを使い続けています。薄くて目に優しい色で、小説本の本文にぴったりの紙です。

0人の方がこれが役に立ったと考えています。このレビューは参考になりましたか? はい

軽くてめくり易いです

500ページの文庫に使用しました。
透け具合は70Kとそんなに差は無いように感じますが、やはりめくり易さはかなり変わりました。ページの多い本ほどめくり易さが体感できると思います。
基本用紙として実装してくださってありがとう!また鈍器作るときは是非使わせていただきます!

0人の方がこれが役に立ったと考えています。このレビューは参考になりましたか? はい

薄くていいです!

文庫本が400P近くになったため、とにかく薄い本文用紙を探していました。市販の文庫に比べるとまだ若干厚みを感じますが、400Pぐらいなら十分使える用紙です。以前は期間限定での取り扱いでしたが、現在は基本用紙で選べるようになったのがとても嬉しいです!

0人の方がこれが役に立ったと考えています。このレビューは参考になりましたか? はい

見やすい!

小説の文字が見やすく、私はページ数が350ページありましたが全然目が疲れませんでした!

0人の方がこれが役に立ったと考えています。このレビューは参考になりましたか? はい

ページ数の多い文庫にオススメ

オンデマンドノベルズで利用しました。
文庫サイズだとどうしてもページ数がかさむので、読みやすさを考えるとこの薄さが丁度良いと思います。
100P~200Pは70k、それ以上は62kというように使い分けができるので、キンマリの選択肢が多いのは非常に助かってます!

0人の方がこれが役に立ったと考えています。このレビューは参考になりましたか? はい

分厚い本を軽く

ページ数が分厚くてもこの紙のおかげで軽くなりました。文庫本に最適です。

0人の方がこれが役に立ったと考えています。このレビューは参考になりましたか? はい

頁数の多い本向け

今回の新刊はA5サイズを予定していたのですが62Kが実装されたと聞いて急遽文庫本サイズ、マット感優先でお願いしました。300頁近いものになりましたが商業本のような美しい本に仕上げてくださいました。裏うつりもしませんし薄すぎる紙、という印象もありません。元々小説向けの用紙ですし長編になるならおすすめです。

0人の方がこれが役に立ったと考えています。このレビューは参考になりましたか? はい

商業本の質感に一番近い

ずっと待ち続けていた62Kの淡クリームキンマリ! ページ数の多い本でも厚みが抑えられる有り難みは何ものにも代え難い……!
商業本を再現したい人なら真っ先に候補に上がる本文用紙です。裏写りもさほど強くなく、非常に読みやすいです。

0人の方がこれが役に立ったと考えています。このレビューは参考になりましたか? はい

分厚い小説に最適

約400ページの文庫本本文に使用しました。
薄い紙なので本の厚さを抑えられてよかったです。色も目に優しい色でポイント高いです。

0人の方がこれが役に立ったと考えています。このレビューは参考になりましたか? はい

商業文庫本に一番近い紙

ページ数370ページの小説本に使いました。
70kに比べ当然薄いですが、裏写りは全く気にならず、さらに捲りやすく柔らかいのでいい仕上がりでした。
商業の文庫本におそらく一番近い本文用紙だと思います。

0人の方がこれが役に立ったと考えています。このレビューは参考になりましたか? はい

文庫本に使いましたが、薄さと読みやすさが両立した紙です。

文庫本の本文用紙として利用しました。
薄いので若干背幅が狭くなります。扉のベタなのは若干透ける感じはありますが、本文の文字は読みやすくめくりやすい紙でした。文庫本でページ数多い場合にはお勧めです。

0人の方がこれが役に立ったと考えています。このレビューは参考になりましたか? はい

ずっと待ってました

定番としてこの紙が戻ってきてくれて嬉しいです。とてもめくりやすく、完全な白ではない部分が目にも優しい紙です。

0人の方がこれが役に立ったと考えています。このレビューは参考になりましたか? はい

とてもめくりやすい紙

今までの小説用の紙よりもっと薄く、めくりやすい出来となりました。

0人の方がこれが役に立ったと考えています。このレビューは参考になりましたか? はい

薄くて柔らかい

文庫サイズ220ページで使いました。背幅は1センチほどでした。薄くて柔らかく、とても読みやすいと思います。

0人の方がこれが役に立ったと考えています。このレビューは参考になりましたか? はい

ページ数が多い本なら丁度いい

200ページ超えるなら62Kでちょうど良いかなって思いました。

0人の方がこれが役に立ったと考えています。このレビューは参考になりましたか? はい

そこまで透け感は気にならない

初版70kgで刷った本の再販を62kgで作成しました。
正直透け感は70kgとそこまで劇的な差はなく、それでいて本の嵩が減るので今後もページが多い時には使いたいと思います。
また、複数種類を同時頒布の際は薄い方が発送の際トータルの厚みが減るのでその点も助かりました。

0人の方がこれが役に立ったと考えています。このレビューは参考になりましたか? はい

かさばらない本文用紙

薄いのですが、めくりやすく耐久性があります。文庫や新書など、厚くなりがちな小説本にはぴったりの用紙です。

0人の方がこれが役に立ったと考えています。このレビューは参考になりましたか? はい

めくりやすい本文用紙

薄いのですが、非常にめくりやすく、裏移りもしないので厚いページの本に最適でした。
262頁の本を作りましたが、綺麗にしあげていただき、とてもよかったです。

0人の方がこれが役に立ったと考えています。このレビューは参考になりましたか? はい

薄く繊細なクリーム紙

裏側のページが少し透けるのも、それはそれで趣があり、作品の淡い雰囲気をサポートしてくれました。柔らかく繊細な紙です。

0人の方がこれが役に立ったと考えています。このレビューは参考になりましたか? はい

650P超えでも背幅3cm弱!

ページ数と背幅削減のためオンデマンドカスタムのA5サイズかノベルズの文庫本にするか迷っていたのですが、この用紙のおかげで大して背幅が変わらず、薄い方がめくりやすいかなと思ってノベルズを選びました。大正解でした。

0人の方がこれが役に立ったと考えています。このレビューは参考になりましたか? はい

薄い紙

限定だった薄い紙
分厚い本を作る時にまた使いたい
よかったら恒常で選べたらいいのにと思う

0人の方がこれが役に立ったと考えています。このレビューは参考になりましたか? はい

薄い本文用紙、待ってました

200ページを超える文庫本に使用しました。
めくりやすくて、今のところ波打ちもなくきれいです。190ページの70Kより、226ページの62Kのほうが本体が薄くて軽いので嬉しい。
紙が薄いのでフォントを細めのものにしたおかげもあるのかもしれませんが、裏写りも気になりません。

0人の方がこれが役に立ったと考えています。このレビューは参考になりましたか? はい

300ページなのに背幅1.5cm

とにかく薄い!のに裏が透けない!10万時超えの作品であれば、まずこちらの用紙をおすすめします!

0人の方がこれが役に立ったと考えています。このレビューは参考になりましたか? はい

市販の文庫に近づいた薄さ

普段使っていた淡クリームキンマリ_70Kと比べて、より市販の文庫本に近い質感になったと感じました。薄くなったぶん、裏面の文字の気配はありますが、読むこと自体に支障はありません。分厚くなってしまう本にお勧めです。

0人の方がこれが役に立ったと考えています。このレビューは参考になりましたか? はい

ページ数が多くても薄い

300ページ近くなりましたが背幅約1.5センチでした。お陰様で通販の際に安く発送できます。薄いと裏が透けるのかなと心配しましたが、そんなこともなく、挿絵も綺麗に入りました。

0人の方がこれが役に立ったと考えています。このレビューは参考になりましたか? はい

長編小説にこそおすすめ

70Kでは厚いと感じていたので、この薄さの実装を待っていました。
ページ数が多くてもぺらぺらと軽くめくることができ、色も定番のクリームキンマリですので黒の文字がとてもよく発色します。
ページ数が少ない場合は70Kで厚みを出すのもいいかと思うのですが、100P前後を目安にこれからはこちらの紙と併用して軽い本にできたらと思っています。

0人の方がこれが役に立ったと考えています。このレビューは参考になりましたか? はい

厚めの本にオススメ

350頁ほどの文庫本に使用しました。70Kと比較しますと紙の硬さが結構違っていて感動しました。
同じページ数でも用紙が変われば厚みも変わるし本そのものの重さ、さらには本の開きやすさも変わってくると思います。その点、62Kですと70Kより薄い分、開きやすくて手が疲れにくい&ページもめくりやすい。あと商業本っぽくなった気がします。
厚めの本を出すなら断然オススメ!

0人の方がこれが役に立ったと考えています。このレビューは参考になりましたか? はい

色合いが良い

薄紙のフェアを機に使わせて頂きました。もう少し色味の薄い紙を想像していたのですが、いざ製本された実物を手に取ると(市販の文庫本のように)白すぎない方が読み進め易いのだな、と実感できる丁度いい色合いでした。

0人の方がこれが役に立ったと考えています。このレビューは参考になりましたか? はい

ページ数の多い本に最適

ページ数が400~500頁程度の本を出した際に、この紙を使用しました。
ページ数が多くなると、自然と読み手が本を持つ時間が長くなります。そのため、できるだけ読み手への負担を小さくするため、本文用紙は軽い&薄いものを探していました。
当時はレギュラー用紙で一番連量の小さいものが70Kでしたので、コミック用紙にした方が軽くなるかな?など悩んでいましたが、フェアで62Kが取り扱われてこの紙に即決しました。
結果、420頁→18mm、520頁→22mmの背幅となり、大満足です。本当にページ数の多い本を出す場合にはこの紙はピッタリだと思います!
イベント会場でご挨拶に来ていただいた際にも「62Kを常備してほしい」と要望を出させていただいたこともありましたが、レギュラー用紙に追加していただき本当にありがとうございます!

0人の方がこれが役に立ったと考えています。このレビューは参考になりましたか? はい