1. STARBOOKS
  2. 入稿・各種お手続
  3. 原稿マニュアル:データチェック編

原稿マニュアル:データチェック編
意外に見落としがちな原稿のあれこれ、ご存知ですか?
入稿前にしっかりチェックして、イメージ通り印刷されるようなデータを作りましょう!

共通

トンボ

トンボは印刷位置を決める、とても大事な目印です。
ですので、二重になっていたり、一部が欠けて潰れてしまっていたりすると、面付けミスの元になりかねません。
大事な作品を、正しい面付けで印刷するために、以下のことにぜひご協力ください。

※トンボをつけることが難しい場合、
 「仕上がりサイズ+塗り足し」サイズが確保されていましたらば、トンボはなくても構いません。
 こちらの場合、ドキュメントの天地左右の中央合わせで製作を進めて参ります。
※小説原稿などで天地左右が真っ白で絵・文字・柄などがかからない場合、
 塗り足しは必要ありません。(あっても問題ございません)


・ドキュメントのセンター位置と、トンボのセンターは必ず合わせる。
・トンボは全て塗りつぶしたりしない。
・トンボを二重につけない。
正しいトンボ

トンボを使用する場合、ドキュメントの中心とトンボの中心が揃っているデータが理想的です。
よくないトンボ
tomboerror  トンボの中心と、ドキュメントの中心がずれてしまっています。
 トンボ自体が正しければ面付けができますが、1ページずつ調整を行なっていくため、できれば上記のようにドキュメントの中心とトンボの中心は合わせてください。
tomboerror  同じトンボずれでも、こちらはNG!
 トンボが部分的にずれてしまっている…という場合です。
 基準点がどこだか分からないため、確認をさせていただくことになってしまいます。
tomboerror  トンボが二重になっています。
 基準点がどこだか分からないため、確認をさせていただくことになってしまいます。
 また、大体の場合、片方のトンボに合わせるともう片方のトンボが塗りたしないし印刷範囲に出てしまうことが多いです。

タチキリと塗り足し

 塗り足しがないとなぜきれいに仕上がらないの?
 それは製本がアナログ作業だからです。
 実際に製本をするとなると、どうしても「ずれ」が生じることがあります。
 きれいな仕上がりのために、ぜひ 原稿に塗り足しをつけていただくようお願いいたします。


・ページ端まである絵や塗り、枠などをきれいに仕上げたいときは、塗り足しをつけましょう。
・タチキリ線周辺(5mmほど)には、切れて困るような絵やテキストは配置しないようにしてください。
・塗り足しは、ページ内の絵柄やベタに続くものにしてください。



 これは漫画やイラストだけでなく、背景や飾り枠、罫線などでも同じです。
 また、外にずれるときがある、ということは、内側にもずれるときがあります。
 塗り足し部分はもちろん、ページ内のタチキリ線付近にも、切れては困るものは配置しないようにしましょう。



 イラストや柄などをタチキリ線の外まで続けないと、せっかくの塗り足しも効果がなくなってしまいます。

ノンブル

ノンブルも、本をつくる上ではとても大切なものです。
× ファイル名とノンブルが違う
× ノンブルが重複している
などの不備があると、確認のお時間をいただくことになってしまいます。

 また、ノンブルがない場合は ファイル名がノンブル代わりになりますので、ファイル名は間違いなく、ページ順に通すようお願いいたします。


・ファイル名は全体のページ順に、数字を先頭にして名付けてください。
・ファイル名と、実際のノンブルは統一しましょう。
 1ページ目のノンブル:「1」ならば、ファイル名:「01.psd」など。
 見開きのページなどの場合も、「02-03.psd」など、略さずにノンブルをつけてくださいね。

Photoshop編(PSD・TIFF・PDF形式)

トーン表現、モアレ

 モノクロ原稿でデータ通りにきれいに印刷されてない!?
 その一番の原因は「モアレ」です。
 「モアレ」とは、トーンを複数重ね合わせた時などに、パターン周期の「ずれ」によって起こる模様のこと。
 アナログのトーンを使ったことのある人は、トーンを重ねたときに見たことがあるのではないでしょうか。

 モアレをなくすためには、なぜモアレが起こるか を知るのが近道です。
 データでは K(スミ)20% や K75% などのグレーが表現できますが、実際にモノクロ印刷で表現できるのは K0% と K100% 。つまり、白と黒だけです。
 グレーの部分は印刷機が白と黒に分解して表現するため、その過程でもモアレが発生します。

 また、モアレではありませんが、1ドット(1px)トーンやグレーのトーンが使われている場合、 「トーンジャンプ(同じ値/種類のトーンが貼られているのに、途中からトーンが飛んでしまう)」や「画面上(データ上)のトーンが印刷に反映されない(濃くなってつぶれる、白く飛んでしまう)」場合があります。
 これは1pxのトーンが細か過ぎたり、グレーのトーンの場合は分解できなかったりして、印刷機で表現することができず、上記のような印刷結果になる場合がございます。

 お客さまのイメージ通りのトーン表現・印刷仕上がりとなりますように、
ご入稿前には、お手数ではございますが、下記のチェックポイントをご確認いただけますようお願いいたします。



・トーンを使うときは、必ず二値のトーンに。
・「二値」「形が正円に近い」「並び方が規則正しい」トーンが理想的。
・グレーの塗りを表現するときは、無理に二値化しない。(1pxトーンの原因になります)
・モノクロ二値であっても、1ドット(1px)などの細かすぎるアミ点は使わない。(使うと印刷が乗りません)
・ご入稿前には表示倍率を100%にして、問題あるトーン表現になっていないか、今一度ご確認ください。


このページで解説しているのはモノクロ印刷でのトーンやグレーの塗りについてですが、実はイラストの「線画」や「セリフ」、「テキスト」 部分でも同じことが起こっています。特に小さくて細い文字を使うときは注意を!
※ カラー印刷の場合はモノクロ印刷よりも解像度が低いため、一般的な350dpiのデータでは、アンチエイリアスのかかった線のほうがきれいに表現されます。

グレー 二値トーン アンチエイリアス
のトーン
原寸
拡大
きれいさ ×
備考  グレーのベタ塗りのみの場合は、印刷機が塗りをアミ点に変換します。  出来る限り、アミ点の形と並びが揃っている二値トーンが理想的です。
 アミ点の形は正円に近いと best!
 アミ点の周りがぼやけているのが、アンチエイリアスのかかったトーン。
 ディスプレイ上ではきれいに見えますが、実際に印刷するとモアレが発生してしまいます。
網点の揃っていないトーン グレーのトーン 1dot(1px)トーン
原寸
拡大
きれいさ × × ×
備考  モノクロ二値のトーンですが、アミ点の形がひとつひとつ違ったものになってしまっています。
 これもモアレの原因です。
 アンチエイリアスなしのトーンですが、色が真っ黒ではありません。
 細かい小さなアミ点の中を、印刷機が更にアミ点分解しようとするため 、これもモアレの原因になってしまいます。
 モノクロ二値のトーンですが、アミ点の粒1つ1つが細かすぎて印刷で再現できません。
 モアレやトーンジャンプだけでなく、濃いものは黒くつぶれたり、薄いものは真っ白に飛んでしまったりします。

カラーモード

印刷 原稿のカラーモード 備考
フルカラー印刷 CMYKモード
RGBモード
 実際の印刷はCMYKモードで行いますので、CMYKモードでのご入稿を推奨しております。
 Photoshop Elements や SAI など、CMYKモードのないソフトをご仕様の場合は、RGBモードでのご入稿でも問題ございません。(モードが違うため、ディスプレイでの色と印刷した色に違いが出ることがございます。ご了承ください。)

 2013年より、高彩度印刷をはじめました。
 従来の印刷機より、カラーの再現領域が広範囲の印刷です。※ RGBモードのみの受付となります。
モノクロ印刷 グレースケールモード
モノクロ二階調モード
 グレーの塗りなどを含む場合は、グレースケールモードでご入稿ください。
 モノクロ印刷用のデータをCMYKモードやRGBモードでご入稿されると、大変データが重くなってしまいます。
 また、こちらでグレースケールモードに変換いたします際に、若干グレーの濃さが変わる可能性がございます。どうぞご了承ください。

Illustrator編(AI・EPS・PDF形式)

画像の埋め込み

 Illustratorのデータの場合、外部ファイルで画像を配置している方も多いかと思います。
 そういった場合は、入稿前に必ず「リンク」パネルで全ての画像を埋め込みしてください。
 ※ リンク状態のまま一緒にリンクファイルを添付してくださる方も多いのですが、出来る限り上記の作業を行ってください。

 画像の埋め込みを正しく行った場合は、AIデータのみのご入稿で大丈夫です。
 データチェックもれを防ぐためにも、ぜひご協力ください。


・Adobe Illustratorで画像を配置している場合は、必ずリンク画像を埋め込む。

フォントのアウトライン化

 Illustratorで文字を使用する際は、テキストのアウトライン化 の作業をお願いいたします。
 上記の処理がされていないと、「お客様が持っていて、弊社にない」というフォントの場合、こちらで印刷するときに別のフォントに置き換わってしまいます。


・Adobe Illustratorで文字を使用している場合は、必ずフォントをアウトライン化する。

オーバープリント属性

 Illustratorでのオーバープリント設定は使用しないでください。
 ご入稿いただいたデータ内容にオーバープリント設定が含まれている場合、オーバープリント設定は破棄されますのでご注意ください。


・Adobe Illustratorでは、オーバープリントは使用しない。

PDF書き出し編

フォントの埋め込み・アウトライン化

 WordなどのワードプロセッサソフトでPDFを書き出す場合は、 フォントの埋め込み の作業をお願いいたします。
 上記の処理がされていないと、「お客様が持っていて、弊社にない」というフォントの場合、こちらで印刷するときに別のフォントに置き換わってしまいます。


・PDF形式に書き出す場合は、書き出し設定で 必ずフォントの埋め込みをおこなう。


 埋め込み設定をしているはずなのに、フォントが置き換わっていたりする?
 実は、一部のフォントは、アプリケーションによっては埋め込み対象のチェックが外れていることがあるようです。
 正しいフォントで出力するために、書き出した後にもチェックをお願いいたします。

加工編

箔押しデータについて

 箔押し加工は、通常の印刷を行ったあとに、上から箔を押す加工です。
 格調ある雰囲気の箔押し加工ですが、データ作りは基本を押さえれば難しくありません。

 面積の計算が特殊ですので、こちらの面積の計算の仕方をご参照ください。
 箔押し用のスタンプを使用するため、デザイン同士が離れていても、ひとつの面積に含まれます。
(※ 大きく離れている場合は別々に押した方が安くなる場合があります。別途ご相談ください。)



 箔押しの版はグラデーションなどを再現できませんので、黒ベタで、くっきりした輪郭の原稿にしてください。





・箔押し加工をする場合は、「印刷用レイヤー」と、「箔押しレイヤー」を分けてください。
・箔押しの原稿は、くっきりとした K100%(黒)のデータにしてください。
・箔押し面積は合っていますか?